学び

プラクティカルリーディングは積読減って行動が加速する読書術でした

しおり
しおり

本、特に自己啓発本やビジネス書を最近よく買って積読してしまう、しおりです。

積読が解消できる上に、本から得た知識を最大限発揮できると噂の、プラクティカルリーディングをしのぶさんから受けてきました٩( ‘ω’ )و

この講座を受けて思ったことは

本1冊1時間くらいで読めてしまうやん!ということ。

すごい読書術なのですが

  • 頭をかなり使うので疲れる
  • この読書法が向かない本もある

という側面があることが分かりました。

こちらの記事では

  • プラクティカルリーディングの流れ
  • プラクティカルリーディングのメリット・デメリット
  • プラクティカルリーディングを受けた私の感想

をお伝えします。

プラクティカルリーディングとは?

本を通じて、自分が解決したい悩みを見つけ出し、行動につなげていくための読書術です。

そのため、積読は減っていきますが

  • 小説や詩を読むのには不向き
  • 没頭して本を読む(瞑想状態になる)ことはできない

というデメリットがあります。

プラクティカルリーディングの流れ

表紙・帯・著者を見て読みたい本を決める

この本から得たい知識(解決したい悩み)を目次を見て決める

その解決策を本から探す

ここでポイント!

  • 解決策がここに書いてありそうだな〜と目次を見て、そのページを見る
  • これが答えかも!と思ったことを付箋に書き出す
  • 付箋に書き出すときは、本の文章丸写しではなく、自分の言葉で簡潔にまとめる

これを、1人でするときは、45分ほどでこの作業をする。

抜き出した解決策をまとめる

やってみようと思ったことを書き出す

3日以内にできる行動(Baby Step)を書き出す

ここが行動できるポイント!

3日以内にできるような、小さな行動に落とし込む。

そうすることで、本から得た知識をすぐ行動につなげられます。

感想

頭プシューって感じでした。

今回、私を含めて3人の受講生がいたのですが、それぞれ解決したい悩みを挙げました。

そしてその答えを、1人15分×3人かけて、みんなで探していきました。

15分あっという間だけど、答えを探そうと思って頭フル回転なのです。

これ読んだら1人でもできるじゃん、と思ったあなたへ

みんなでやることで、理解が倍になる

同じ本、同じ1つの悩みに対して答えを探しても、それぞれが違う答えを本から見つけてくるんです。

これがとってもおもしろいし、1人でするよりたくさんの情報が集められるな〜と思いました。

この内容がまとまったPDFがもらえるよ!