ライフスタイル

GPS手帳完全マスター講座は、かなり深く自分と向き合える講座でした

大好きなライフクリエイトダイアリー(LCD)をマスターするための講座を、3ヶ月にわたって受講しました٩( ‘ω’ )و

その名もGPS手帳完全マスター講座

この講座を受けて、長年苦しんでたことから解放されて、やーーーーっと自分のやりたいことが見えてきました。

本当に濃い3ヶ月だったので、この学んだことを最大化するために、GPS手帳完全マスター講座レポを残そうと思います。

内容てんこ盛りだったので、内容は箇条書き+ひと口メモ程度でお許しくださいm(_ _)m

講座を受ける前の条件

GPS手帳完全マスター講座は、GPS手帳1dayレッスンを受講している必要があります。

(黄色い冊子のテキストがもらえる講座です)

脳内GPSの活用方法【1日目】

1日目は、GPS手帳1dayレッスンや有珂さんの本でも何度も出てくる、RASの2つの機能

  1. GPS機能
  2. キーワード検索機能

のお話。

最高の未来を設定する

LCD2021のP.20,21と同じワークです。

先取り日記を書く

有珂さんの著書「望む人生に組み替える『未来設定ノート』」のP.47と同じワークです。

ビジョンボードを作成する

「望む人生に組み替える『未来設定ノート』」のP.44と同じワークです。

私は、未来設定講座でも作りました!

無意識を意識化する

脳で考えていることの90%以上は無意識。

私たちは、日々の選択を無意識に積み重ねています。

この無意識を意識化するのが、9セルノートです。

日々、感じたことのログを9セルノートに残していきます。

感情と向き合い、理想の状態をインストールする【2日目】

感情デトックスをする

  • 日々のできごとや感情
  • イヤなことがあったときに感情を吐き出す

ということを、1日の終わりに行います。

これを感情デトックスといいます。

ポジティブなこと、ネガティブな感情、どちらも良い悪いはなく、自分が思ったことをありのまま”認識”する。

特にネガティブな感情をより感じやすいため、そのままにしておくと、RASはそちらにフォーカスしてまたネガティブな感情を引き寄せてしまいます。

  • ネガティブなことも、本当はどうだったら良かったかで、自分の理想が分かる
  • ポジティブなことは、どういう状態が自分が幸せなのかが分かる

それらの感情に、自分の”価値観(大切にしたいこと)”が隠れているので、「本当の自分」が見えてきます。

理想の自分をインストールする

なりたい人を決める

「なりきりの法則」といって、なりたい人になりきって行動すると本当に変われる、という研究があるそうです。

どんなところが好きか?それを書き出しながら、なりたい人を決めました。

私は当時放送していた「着飾る恋には理由があって」の真柴くるみちゃんにしました!

「好きなとき、好きなように、好きな人と暮らすために」

という言葉や、真っ直ぐ生きる姿勢がとても素敵なキャラでした。

話す言葉を理想の自分が使っているものにする

自分が発する言葉を一番聞いているのは自分。

だからこそ、自分を否定する言葉を使っていると、本当にそのようになってしまうのだそうです。

でも口癖を止めることはできないので、いい口癖に置き換えてみよう!というワークをしました。

理想の世界への進み方

  1. 今の時点で叶え方が分からないくらい大きな夢を書く
  2. 行動を具体化し、期限をつけて、叶えられそうなところまで落とし込む
  3. さらに細分化して、BabyStepを考える

ということをしました。

「本当のわたし」で夢を叶える【3日目】

感情は、文字で書くことではじめて味わえる

感情デトックスなどでノートに書いた内容は、週に1回見直します。

この時のポイントは、自分ではなく友達のノートを読んでいるかのように、そして友達にアドバイスしていくように自分に質問していくこと。

これを友達アドバイス方式と言います。

このやりとりを、ノートで繰り広げていきます。

不思議なんですけど、今までも同じように考えていたはずなのに、ノートに書いていくと、すごく腑に落ちる感覚になるんですよね・・・。

イヤなこと、我慢してること→本当はどうしたい?

どんなに小さな心の声も、「本当はどうしたい?」と聞いてあげる。

これを積み重ねていくことで、大きな「本当はどうしたい?」を決めれるようになるんだそうです。

日頃から、「本当はどうしたい?」と聞いて叶えてあげる、それを繰り返すことで心の声が出やすくなります。

手放してやりたいことを書き出す

LCD2021のP.30,31と同じワークです。

自分が我慢していること、本当はイヤだと感じていることを、手放してやりたいことに置き換えていきます。

チョロい・できる・がんばる

頑張らずにサクサク行動できるようにするには、得意にエネルギーを注ぐこと。

そのためには、日々のタスクの中で自分の

  • チョロい…楽しくてずっとやりたいこと
  • できる…意識したらできること
  • がんばる…やるのに時間がかかり、なかなか作業が進まない、やってて苦しい

を知ること。

そして、夢を叶えている人は、チョロいとできるで日々のタスクが80%以上を占めているそうです。

最高の未来を再度設定する

LCD、GPS手帳1dayレッスンとかれこれ4,5回書き直しているような気がしますが、やっと「本当のわたし」が望むものになったと思います。

障害予測立案法

  1. 最高の未来を設定する
  2. 未来の自分からアドバイスをもらう
  3. 障害予測立案法

は3点セットなのかな〜と思います。

障害予測立案法とは、「そこに進む途中で起こるかもしれないネガティブなこと」をあらかじめ書き出します。

3ヶ月は、よーこさんからのフォローアップ付き

グループLINEや個別LINEで、よーこさんからアドバイスがもらえます。

感情デトックスなどで書いたことを、「怖いと思ったのはなぜですか?」など、自分が気づかないところに隠れてるフィルターを見つけるお手伝いをしていただきました。

講座を終えた感想

変な話、講座の内容ってすっごく目新しいワークってないんです。

  • 有珂さんの本
  • LCDに書いてあるワーク
  • 9セルノート
  • ウィークリーフィードバックノート

有珂さんのところで学んでる人たちだったら、一度は使ったことのあるノートやメソッドを再度学びました。

でも、大事なことはここから先

  • 何度も繰り返している感情を、感じてすぐ拾っているか?
  • どうして「もやっ」としたのか、考えているか?
  • 「もやっ」をノートに書き出したとして、その感情を後から見返しているか?

といった、習ったことを使っているか?ということだったと思います。

これ、書くとすごく当たり前のことに聞こえるのですが、本当に自分と向きあうのって、慣れるまですごく難しいことだと思います。

私自身、昨年はやってる”風”だったけど、今より多くの感情を拾えてなかったなぁと思います。

「普通」になりたかった私

2年前に初めての流産をして以来、ずっと「子どもがほしい、お母さんになりたい」と言ってました。

その思いは今も変わりありません。

でも実は、子どもすごく好きなわけではないんです。

結婚したら、子どもがいるのが「普通」ってどこかで思っていたんです。

そして、その「普通」ができない私がイヤだった。

それが、私が「お母さんになりたい」と固執していた原因だと分かりました。

だから、この講座を通じて出てきた「私の」答えは

「お母さんにはなりたい、でも今じゃなくていい」でした。

薄々、感じてはいたんです。

感じてはいたけど、ほったらかしにしてノートに書いてなかった。

でもこの3ヶ月、たくさんノートに自分の感情を書いて、講師のよーこさんがアドバイスをくださったて、言語化することができました。

こうやって、自分が心地よくなかったフィルターを、自分が本当にしたいことに変えていく、ということを続けていこうと思います。