学び

行動できる自分になるための7つのメソッド【講座レポ】

しおり
しおり

お盆ですね!夫の実家には帰らず、リモートでお話しました!

先日、松浦有珂さんのオンラインサロン、ライフクリエイトアカデミーの月1セミナーの日でした!

その名も、行動できる自分になる!グズグズ脱出メソッド

  • 朝、起きようと思った時間に起きれない
  • 今日は◯◯する!と決めてもなんか行動できない
  • そしてそんな自分が嫌になって、またグダグダしてしまう

こんなこと、ありませんか?

それ、あなたのやる気がないからではありません!

ちょっとした生活習慣や考え方を改善したら、改善されるんです!

そのメソッドがこちら。

脳の力を使って行動できる自分になる7つのメソッド

  1. 光を味方につける
  2. 眠りを活用する
  3. 食事でコントロールする
  4. 「無意識」を知る(無意識なネガティブ思考に気づく)
  5. ネガティブをガソリンにする
  6. 運動を楽しむ
  7. とりあえず1週間やってみる

光を味方につける

人間は、光の強弱(明暗)で脳の機能が変わっているそうです。

明るいとき

  • 「やる気」ホルモン(ドーパミン)の分泌
  • 思考活動のスタート
  • セロトニンが生成される→リラックス効果。ちょうど寝るときの14〜15時間後に効果が出る)

なので、朝は日光を浴びると良いそうです。

朝日を浴びると、セロトニンが生成されて

  • やる気アップ
  • イライラしない
  • 行動力がキープできる
  • 幸福感が高まる

など、良いことづくめです。

暗いとき

  • メラトニンが生成される→その日の知識や経験を脳内で整理する
  • 体の新陳代謝が促進される→美肌、アンチエイジング

暗いときとは、つまり目をつぶって寝ているとき、ということになります。

これが、②眠りを活用する に繋がってきます。

眠りを活用する

メラトニンは、眠っている間に知識を定着させてくれるホルモン。

そして、ぐっすり寝れているときはメラトニンがしっかり出ており、頭をよくして発想力を上げ、センスを磨いてくれるそうです。

ありがたや。

そして、このメラトニンが最も出やすい時間帯が、22時〜2時の間

一般的に睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間です。

ぐっすり寝るためのポイント

  • 寝る1〜2時間前にお風呂に入る
  • 室温は26℃(なので夏は夜中エアコンつけっぱなし)(体温が下がると眠たくなるため)

スッキリ起きるためのポイント

  • 起きたい時間の30分〜1時間前にエアコンが切れるようにセットする(体温が上がると目が覚めるため)
  • 起きたい時間の30分前に明るくなるようにする(日光または電気)

食事でコントロールする

脳のエネルギー源は糖分!なのですが、現代人は糖質過多!

糖質過多が招く問題
  • 血糖値が急降下する際に、中性脂肪が量産されて太る
  • 電気信号にムラをつくり、脳が動かなくなる
  • 疲れやすい、イライラしやすい
  • 成長ホルモンの分泌阻害(肌荒れ、老化)

大切なのは、糖分(炭水化物)、脂質、タンパク質のバランスをとること。

PFCバランスというそうです。

「無意識」を知る(無意識なネガティブ思考に気づく)

ネガティブな思考って、何度も何度も同じように思い出して嫌な気分になりませんか?

脳は、エネルギーを消費するのを嫌います。

そう、脳はいつも通りが大好きです。

なので、ネガティブな思考も、自分の好き嫌いに関係なく、いつも通りネガティブな思考をしていつもと同じ答えを出そうとしているのです。

それをさせないようにするためには、まず

  • 早寝早起き、糖質少なめの食生活
  • 「あ、今ネガティブな思考になった」と気づく
  • 同じネガティブな思考をくり返していると気づけたら、ポジティブな言葉・思考に置き換えること

ネガティブをガソリンにする

自己否定、人と比較するといったネガティブな思考は、やる気を損ねて、行動力を落としてしまいます。

おそろしや。

ネガティブをガソリン(エネルギー)に変えるには、ネガティブをしっかり味わうこと。

ネガティブを味わうとは、まずは今日あったことをノートに書くこと。

有珂さんはこれを感情デトックスと呼んでいます。

大切なのは、理屈ではなく実践すること【未来設定講座10期】 未来設定講座とは? ライフスタイルコーディネーターの松浦有珂さんが行っている講座です。 女性特有の脳の使い方をしっかり学んで...

運動を楽しむ

運動は、少し汗ばむくらいの有酸素運動のこと。

ウォーキング、ランニング、縄跳び、自転車、水泳などなど・・・

私、運動が苦手で全く習慣に取り入れてないのですが、私と同じような人でも大丈夫!

洗濯や掃除などの体を使う家事を行なっているとき、有酸素運動してる!と認識すると運動としての効果があるようです!

とりあえず1週間やってみる

脳は、7日間を一巡と感じる機能があるそうです。

習慣化するのに21日かかる、とよく言われますが、21も7の倍数ですよね。

なので、習慣も7日間の繰り返しで定着していくんだとか。

つまり、人は1週間あれば変われるのです。

まずは、何か1つ7日間実践してみます

たくさん書きましたが、あれもこれもしようとして、全然できない!となったらもったいない。

なので、この中から1つを決めて、7日間続けてみようと思います。

私は、朝日を浴びるにしようと思います。