ひとりごと

久々にできた口内炎から、自分が今感じていることが分かった話

しおり
しおり

口内炎ができました。前、いつなったか覚えてないくらいです。中学生の頃かな?

体の不調はメンタルと直結している

何故口内炎から自分の心の状態がわかったのかというと、2020年の未来設定講座で教えてもらった本を読んでみました。

「自分を愛して!〜病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ」

帯にスピリチュアル版・家庭の医学とあるように、この病気はこういう機序でなってるからこの治療をして・・・という話ではありません。

ネガティブに囚われていたり悩みがあり、それが限界に達すると、体に不調(病気)として出てくる、と言うことです。

こちらの本、辞書みたいな感じで自分の症状を調べて、自分は今どんな悩みを抱えているのかな、と読み取っていく本です。

こちらの本、病院にかかることを否定しているわけではありません。

身体に痛みなどの苦痛があるときに、「心を整えないと」と思うのはかなり難しいです。

なので、病院で治療を受けて身体を整えながら、心を見つめていく、という流れになっています。

ちなみに、未来設定講座では、このようなことを学んでいます。

大切なのは、理屈ではなく実践すること【未来設定講座10期】 未来設定講座とは? ライフスタイルコーディネーターの松浦有珂さんが行っている講座です。 女性特有の脳の使い方をしっかり学んで...
やっぱりノートってすごい!【未来設定講座10期】 未来設定講座とは? ライフスタイルコーディネーターの松浦有珂さんが行っている講座です。 女性特有の脳の使い方をしっかり学んで...

口内炎(口のトラブル)の原因

こちらの本、辞書のように使っていきます。

あいうえお順で病名や〇〇のトラブルなどの項目があります。

自分の症状に合った項目のページに、

  • その部位が不調に陥った時、どのような悩みを抱えているのか

が書かれています。

そして最後のページに、

  • この不調によってどのようなことができないか?
  • 不調の原因となったネガティブを受け入れる
  • 自分の人生に責任を持つ
  • 自分を許してあげる

などの流れになっていきます。

口内炎という項目はなかったので、「口のトラブル」という項目を見てみました。

口は、消化システムの入り口です。

したがって、そこにトラブルが生じるということは、あなたが、何か新しい考えを飲み込み、消化し、同化するのを拒否している、ということを意味しています。(中略)

状況をきちんと確かめもせずに、あまりにも性急に反応することによって、拒否が怒るのです。

したがって、口からのメッセージは「もっと落ち着けて、心を開きましょう」ということになります。

なぜなら、その新たな情報は、あなたにとって役立つものかもしれないからです。

 

口のトラブルはまた、あなたが不健全な考えを抱き、それを心の中に押さえ込んでいる場合にも起こります。

あまりそうした考えを心の中に長く持ちすぎないようにしましょう。

言うべきことは言ったほうがいいのです。

それを言ったからと言って、あなたが他の人たちから拒否されることはありません。

要は、我慢していることがあって、今の判断を落ち着いて考えてみたら?ってことかと。

仕事のことなんだろうな。

辞めるだの辞めたいだのアフィリエイトで収入得られるまでは続けたいだの、考えがまとまらず、今年は辞めないでおこう!と思ったばかりなので。

何か、心に無理させてるのかなぁと実感しました。

余談

ちなみに夫も、最近口の中を噛んでしまうみたいで、赤くなっていました。

口の内側を噛む人がいますが、そういう人は、自分を苦しめる何か人に知られたくないことが心の中にあり、それを我慢して言わないようにしているのです。

しおり
しおり

家事をたくさんしてもらってるからかな?(汗)

よく会話して、何か我慢していることがないか聞いてみようと思います。

夫との家事分担の話は、こちらに詳しく書いています。

出勤ギリギリに起きていた私が、早起きができるようになったたった1つの方法 今まで、出勤10分前に起きて、支度もそこそこに、会社に向かっていた私。 ですが、マインドを少し変えたら、時々早起きができる...