心を整える

出勤ギリギリに起きていた私が、早起きができるようになったたった1つの方法

しおり
しおり

4時起きができるようになりました!しおりです。

今まで、出勤10分前に起きて、支度もそこそこに、会社に向かっていた私。

ですが、マインドを少し変えたら、時々早起きができるようになりました。

  • 早起きの目的
  • 早起きのためにやったこと
  • 早起きのためにやめたこと

を自戒の意味を込めてまとめておこうと思います٩( ‘ω’ )و

早起きに必要なたった1つのこと

早起きの目的を、自分が充実感を味わえるものにする

今、私が早起きをしたい理由は

  • 副業の作業をしたいから

今までは、副業を仕事終わりに2〜3時間カフェで作業したり(晩ご飯はおにぎりを持っていく)、家で作業したりしていました。

夜にカフェに行くと、帰宅時間が遅いので寝るのが遅くなります。

しかし、夜家で作業すると眠くて捗らない!

そして肌荒れがすごいことに!

これは効率も健康にも良くないなぁと思い、たまたま早起きできた日に副業の作業をすると、とっても捗る!

これはすごい!朝作業しよう、と決めたら、自然と4時台に起きれるようになりました!

私にとって

副業=理想の生活を叶えるもの

というのもあり、理想の生活を手に入れるためという目的が決まったのが良かったのかなと思います。

ちなみに、ここ何年も早起きには挑戦していました。

今まで早起きの目的に設定していたのは

  • トイレ掃除をする
  • 玄関を掃除する
  • 白湯を飲む
  • コーヒーを飲む
  • サプリを飲む
  • 仕事の勉強をする

など、早起きしてやりたいことではあるけど、目的になるほどワクワクしないことでした。

早起きのためにやったこと

夫に協力してもらう

早起きのために、家事分担を見直しました。

というより、夫の比重が少し大きくなりました。

・朝の家事分担
夫:2人分のお弁当を詰める、ゴミ捨て
私:洗濯物を干す

夜の家事分担
夫:主菜を作る
私:掃除機をかける、副菜を作る、洗濯物を畳んでしまう、洗濯物を朝仕上がるように予約する、お風呂を洗う

お皿を洗う、は夫も私もするようにしています。

(夫は手洗い派、私は食洗機派なので対立することもありますが)

夜のノートタイムの時間を決める

私は、夢を叶える&自己管理のために、手帳とノートを毎朝毎晩書いています。

夜に書くのは

  • 感情デトックス
  • 明日のWant to do

という項目です。

朝活仲間を作る

早起き以外のこともそうだと思いますが、初めてのことを1人でしようと思うと、途中で挫折していたと思います。

そこで見つけたのが、早起きサポートをしているなんしーさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なんしー(@goodmorningooday)がシェアした投稿

なんしーさんの早起きサポートプログラムを受けたり、なんしーさんが主催する朝活サークルに所属していました!

早起きのためにやめたこと

朝、家事をする

前述した通り、私の家事は、ほぼ夜にするようにしました。

朝家事をすると捗るのですが、家事って意外と時間がかかる。

Timehackerというアプリで、掃除機をかける、洗濯物を畳んでしまう
を計測したところ、30分くらいかかる!

これを、朝するのはもったいないと思い、仕事から帰ってから家事をするようになりました。

ただ、洗濯物は外に干したい派なので、洗濯物を干すだけは朝するようにしています。

だらだらスマホやTV

残業で遅くなると、家でダラダラスマホやテレビを見てしまいます。

これも、時間を測ってみたら、1回で30分、ひどい時には1時間くらい使っています。

なので最近は、仕事から帰ってきたらスマホを玄関に置くようにしています。

仕事から帰って家事をしてご飯を食べて、までをだだーっとするようにしています。

ちょっと4時起きは早すぎたかも?

4時に起きるとなると、寝るのは21時半が理想。

(最低6時間半は睡眠時間が必要らしい)

しかも、4時に起きると途中6時くらいで眠たくなる私・・・。

また、なかなか21時半就寝は難しいので、22時就寝〜4時半起床に切り替えようかな?

と思っています。

しおり
しおり

とにもかくにも、早起きの街の空気ってとっても特別なものに感じています。

まだ街が寝静まって、しんとしている感じが大好きです。

その中、ベランダに出てのび〜っとするのが本当に至福です。